身体を健康にするために動く

エクササイズで筋肉を鍛えよう

自宅でできるエクササイズとは

筋トレは、スポーツジムに行かないとできないと思っている人がいるでしょう。
確かに本格的な器具を使った筋トレは、自宅では実践するのが難しいかもしれません。
ですが健康維持のためのエクササイズが目的であったら、自宅でできる筋トレでも十分効果を発揮できます。
スクワットなら、狭いスペースでもできるのでおすすめです。
正しいスクワットの方法は、足を肩幅に広げます。

手は頭の後ろにつけて、ゆっくり膝を曲げてください。
曲げすぎに、気をつけてください。
膝が足の爪先を越えると、曲げすぎなので改めてください。
1日10回ぐらいで良いので、時間の空いている時に実践してください。
身体が痛くなったら。無理しないで一時中断しましょう。

体幹を鍛えるエクササイズをする

インナーマッスルを鍛えることが、体幹を鍛えることに繋がります。
健康的な身体になるためには、インナーマッスルを鍛えられるエクササイズに取り組んでください。
腕立て伏せの体勢になって、右手と左足を挙げてください。
その体制を、30秒ぐらいキープしましょう。
終わったら反対の手と足を上げて、同じように30秒キープしてください。

言葉で説明すると簡単に思えますが、実際にエクササイズすると腹筋も力が入ります。
30秒間体勢をキープすることができなかったら、20秒など時間を短くしても良いでしょう。
自分で体制を維持できる時間を見つけてください。
何度も挑戦すれば、次第にキープできるようになります。
その際は、時間を延ばしても良いでしょう。