身体を健康にするために動く

運動する習慣を身につけよう

少しずつ距離を伸ばしていこう

これまで運動したことはないけれど、健康のために運動しようと思っている人がいるでしょう。
その心がけは良いですが、無理をしないでください。
運動に慣れていない人が長距離を歩くと、疲れたり身体を痛めたりしてしまいます。
簡単な運動で良いので、少しの距離から始めてください。
バスに乗って通勤している人なら、乗るバス停を1つ遠くにするのが良い方法です。

バス停まで歩く道を長くすることも、立派な運動になります。
日常の中に歩くチャンスは、たくさん隠れています。
見つけて、積極的に歩いてください。
バス停までたくさん歩くと、交通費の節約にも繋がるので一石二鳥です。
エクササイズのため、いつも乗っているバス停より遠くに行きましょう。

階段の上り下りがおすすめ

普通の道を歩くより、階段を上り下りした方がエクササイズに効果的です。
膝に負担を与えるので、膝に痛みを感じている人は、無理にしないでください。
ですが健康な人は、階段を使うことを意識しましょう。
駅や会社に階段があると思います。
エレベーターなども見つかると思いますが、ガマンして自分の足で歩きましょう。

エクササイズしたいと思っても、時間がなくて諦めている人がいます。
わざわざ時間を作らなくても、階段を歩くだけで良いエクササイズになります。
会社でトイレ休憩をする時は、わざと1階上のトイレに行くのも良いですね。
距離は短くても、毎日積み重ねていれば運動になります。
日常のエクササイズは、毎日続けることで効果を発揮できます。