身体を健康にするために動く

運動する習慣を身につけよう

全く歩かない人は、次第に体力が衰えていきます。 健康維持を心がけている人は、歩く頻度を増やしてください。 運動する時間を確保できない人でも、大丈夫です。 日常生活の中で歩く頻度を増やせば良いので、誰でもできます。 歩けるチャンスを見つけたら、楽をしないで歩きましょう。

歩く頻度を増やすこと

たくさん歩くことで、身体を鍛えることができます。
健康維持したい人は、今以上に歩いてください。
歩くことも、立派なエクササイズの1つです。
運動が苦手な人が、いきなり長距離を歩こうと思わないでください。
最初は短い距離でも良いので、身体を慣れさせましょう。
身体が慣れたら、距離を少しずつ伸ばしてください
階段の上り下りも、エクササイズに効果的です。
エスカレーターやエレベーターではなく、階段を積極的に使いましょう。

体力がつくと、歩くだけでは物足りないと感じるようになります。
その頃になったら、ジョギングしても良いと思います。
ジョギングは身体に与える負担が大きくなりますが、運動効果も増えます。
健康を維持したい人や、体力をもっとつけたい人に向いています。
水泳をするのも良いですね。
水の中で運動すると、陸上よりも疲れます。
健康維持には、ピッタリのエクササイズだと言われています。
室内プールなら、天候に関わらず実践できますね。

筋肉を鍛えるのも、健康維持に欠かせないことです。
スクワットは、脚の筋肉を鍛える時に有効です。
正しい方法で筋肉トレーニングをしないと、効果を発揮できません。
むしろ、身体が痛くなるので健康維持には繋がらないでしょう。
体幹を鍛えることを意識することで、効率良く筋肉を鍛えることができます。
自宅でもできる筋肉トレーニングがあるので、さっそく実践しましょう。
無理をしないで、トレーニングに励んでください。

負担の大きいエクササイズ

歩くことに慣れてきたら、今もっと負担を大きくしても良いと思います。 歩くより、走った方が身体に負担を与えることができます。 今度は、ランニングに挑戦すると良いですね。 雨の日は外でランニングができないと思います。 その際は、室内プールで泳ぎましょう。

エクササイズで筋肉を鍛えよう

持久力を高めることも重要ですが、筋肉をつけることも健康維持に欠かせません。 筋肉を鍛えられるエクササイズをしましょう。 スクワットや、体幹を鍛えるエクササイズがおすすめです。 正しい方法や姿勢で鍛えないと、変なところに力が入って身体が痛くなります。